トップ

肝斑シミを根本治療

40代女性のシミの原因は何か

40代女性に多い肝斑とは

ふと鏡をみてみたら、いつの間にかシミが増えていて焦ったという経験はありませんか?毎日忙しく過ごしているとそういうこともあると思います。おすすめシミ治療のクリニックをお探しならこちら。

シミにも様々な種類がありますが、40代の女性のシミのほとんどが「肝斑」であると言われています。肝斑は、通常のシミとは違う特徴を持っており、その対処の仕方も違ってきます。通常の、いわゆる紫外線によりメラニン色素が定着してしまったタイプのシミとは違うのです。

では、どのようなシミが肝斑なのでしょうか?肝斑は、頬骨に沿って左右対称にできるという特徴があります。しかし、その形は様々で、小さいものもあれば、左右非対称のものもあります。時には口や額にできることもあります。

肝斑ができる年齢は30代から40代で、原因は女性ホルモンのバランスの乱れが関係していると言われています。妊娠やピルの服用などがきっかけでできる場合や、閉経後には薄くなったりすることがあるそうです。さらに、ストレスによるホルモンバランスの乱れも同じように肝斑の原因になると言われています。

肝斑は、できてしまったあとのケアも非常に大切です。最も気を付けなければならないのは、紫外線です。紫外線は肝斑の直接的な原因ではないものの、肝斑の症状を悪化させるほか、薄くなってきた肝斑を再発させたりする要因となるからです。

また、肝斑ができやすい30代から40代は、加齢により肌のターンオーバーの乱れやすくなってきます。紫外線により増えたメラニンが正常なターンオーバーにより排出されないと、シミとして残ってしまうのです。このような肝斑とシミが同居するような状態も起こりやすくなってしまうため、紫外線対策には特に気を付ける必要があります。